市川市の葬儀会社と家族葬の際の友人への連絡に関して

時代と共に変わりつつある葬儀・告別式に関して

冠婚葬祭の中でも、最も難しいのが葬儀・告別式だと言われています。ある調査機関が出している数字によると、葬儀・告別式の平均的な費用は250万円と言われています。その後には法要が控えていますし、財布の紐を絞めておきたいと考えるのは当然です。そんな中、注目を集めているのが家族葬という形式です。自らの最期を、家族やごくごく親しい友人と過ごしたいと願う方が増えています。無論、費用面においても家族葬のメリットは大きいと言えます。香典や供花をあらかじめ断っておくことで、負担をかけることも少なくなると言われています。

終活ブームとエンディングノートに関して

近年、終活がブームになっています。身体が動いて元気なうちだからこそ、早めに終活を始めておくべきです。自らの希望をエンディングノートに書いておくと、残された家族の混乱が少なくなります。銀行印や通帳の置き場所、更には友人や知人の連絡先を記しておくと良いでしょう。終活に関しては、葬儀社の主催が増えています。エンディングノートの書き方はもちろんですが、弁護士や税理士には相続に関する疑問を尋ねることが出来ます。市川市においても開催が増えていますし、まずは参加をすることで抱いていたイメージも変わるのではないでしょうか。葬儀・告別式から出棺までは、平均で二日間と言われています。限られた時間の中で、全力を尽くすことが鍵になります。

互助会制度の普及と活用方法に関して

葬儀費用を抑えるには、互助会に加入をしておくと良いと言われています。互助会には様々な特典がありますし、葬儀費用が大幅に割り引かれます。市川市では定期的に見学会が開催されていますし、各種葬儀・告別式のプランを知ることが出来ます。コンパクト葬が主流となっていますが、実際に使われる祭壇や控え室に不安を感じている方は多いのではないでしょうか。市川市の家族葬は、10~30人の参列が想定されています。お通夜をおこなわない直葬プランも増えていますし、専任の葬祭ディレクターが親身になってサポートをしてくれるはずです。特定の檀家を持たないケースもありますし、僧侶の手配に関しても任せておけば安心です。既に経験をしている友人や知人がいれば、当時の話を参考にアドバイスを求めるのも効果的です。誰もが不安で心細いのが葬儀・告別式ですし、遠慮をしていては故人も浮かばれません。

記事を共有する