家族葬を市川市でやる際に気になる持ち物

市川市でも増加傾向にある葬式の形式とは

近年、葬式の形式というのは大きな変化を見せつつあります。従来型の式に加え様々なスタイルの葬式というのが各所の葬儀社で執り行われるようになり、様々な選択肢から故人の望んでいたスタイルの式を執り行えるようになりました。この市川市においても多種多様なスタイルに対応できる葬儀社などが多数あり、色々なニーズごとに葬儀社を使い分けている人もいるようです。そんな中で特に注目を集めている形式に家族葬というものがあります。家族や親族、故人と本当に親しかった友人などのみで執り行うこのスタイルは、従来型の葬儀よりも費用を抑えられることや、故人と密接な関係に合った人たちのみで式を行えるので、比較的穏やかな雰囲気の中で式を執り行えるなどというメリットが評判を呼び、年々人気が高まりつつあります。

そんな形式の葬儀の際に必要な物とは

そんな雰囲気などが人気の家族葬ですが、式に必要な持ち物は何があるのでしょうか。まず、様々な持ち物を入れていくバックを持参することが多いと思いますが、そのバックは男性用であれば黒系統の色で光沢が無いようなものが望ましいとされています。また、蛇皮などの爬虫類の皮を使用したバックは、殺生をイメージさせるため、合成皮革などの物にすると良いでしょう。女性用のバックも色合いに関しては同様のことが言えます。特に気を付けたいのが、女性用のバックには装飾が施されている場合が多いです。多少のものなら良いのですが、あまり派手なものは避けた方が無難です。そしてそのバックの中には、数珠や香典、ハンカチなど様々な小物類などの持ち物を入れていくことになるので、ポケットなどが付いている物だと便利です。さらに、家族葬では手伝いを頼まれることも少なくないので、喪服を汚さないようにエプロンなどを持参していくことも考えておきましょう。

市川市ならではの持ち物はあるのか

また、葬儀の際には各地ならではの風習というのが存在します。この市川市においても例外ではなく、葬儀を終えたら日が昇っているうちにお寺にお礼参りをしなければならず、その行き帰りの際には誰に声をかけられても返事をしてはいけないという独特の風習があります。それを完全に厳守するという事は非常に難しいですが、出来るだけ実践したいという場合には目的地のお寺までの地図などを事前に用意しておいて、なるべく会話をしなくてよいような工夫をしておくと良いでしょう。

記事を共有する