市川市の家族葬の人数やメリットについて

市川市の家族葬の基本的な人数とは

市川市で家族葬を執り行うケースは増えていますが、家族のみしか参列することができないというわけではなく、遺族や故人の希望があれば親しい人は参列することもできるなど、自由度が高いことも良い点となっています。基本的には家族や親しい人のみとなるので、10人程度になるケースが多いですが、中には30人を超えても家族の葬儀と呼ぶケースもあり、決まった定義があるわけではありません。あまり人数が増えると、一般葬にしておいた方が負担が減ることも多いので、よく考えて選ぶようにしておきましょう。

呼ぶ範囲や注意すべきポイントについて

高齢化や人付き合いが減っていることなど、様々な理由から規模の小さな葬儀を選ぶ人が増えており、家族葬も身近な存在となっています。金銭面の負担の軽減や、精神的な負担も軽くなるといったメリットがありますが、いざ執り行うとなれば悩むのが、どの範囲まで声をかければよいのかという点ではないでしょうか。一般的には直系の家族や配偶者は参列することになり、それば以外はどの範囲までの親族に声をかけるのか考えなくてはなりません。三親等内の親族には声をかける人が多いですが、特に決まりがあるわけではないので家族で話し合って決めるようにしましょう。もちろん故人の希望があった場合には、その意思を尊重することも大切です。後々呼ばれたか呼ばれていないかでトラブルになってしまう可能性があると感じる人には、声をかけておくべきです。最前の早い段階で本人の口から、生前葬にするということを知らせておくようにすると、スムーズに執り行えてトラブルの回避にも繋げることができます。

メリットと業者選びのポイントとは

人数が少ない葬儀を選択する人は多く、市川市でも珍しいことではなくなりました。人数が少ないことにより、規模が小さいので全体的なトータル費用を安く抑えることができたり、身内のみで執り行うので無駄に見栄を張る必要がないというメリットもあります。気をつけなくてはならないのが、どの業者を選ぶのかという点ではないでしょうか。規模の小さな葬儀を得意としている業者で、実績も豊富にある先を選ぶことにより、満足度の高い葬儀を執り行うことができます。複数から見積もりを取り、納得できる金額で対応も丁寧で信頼できるか確かめておくようにしましょう。早い段階から規模を決めて葬儀業者を探しておくことも、良い葬儀にするためには重要になってきます。

記事を共有する